アルミ溶湯解析・溶湯調査・アルミ組織調査。不良品解析。走査電子顕微鏡。X線分析。SEM・EDX判定。

溶湯の健康診断。悪い湯は、不良の原因に。|溶湯解析・溶湯調査

アルミ溶湯解析・溶湯調査

走査電子顕微鏡・X線分析装置とは

  • 走査電子顕微鏡とは

    SEM (Scanning Electron Microscope)と一般に呼ばれ、金属表面観察が出来ます。

  • X線分析装置とは

    EDAXが有名ですが、これは元々メーカーの社名(現在は事業部)であり、

    通常はEDSまたはEDX(energy dispersive X-ray spectrometry)と呼ばれるものです。

    エネルギー分散形X線分光器を使ったX線分光法によって元素分析が可能。

    走査電子顕微鏡で捉えた表面の元素分析によって解析をする事が出来ます。

    SEM・EDXを活用し不良品解析を致します。

SEM

不良組織表面のミクロ観察画像

下図はSEM(走査電子顕微鏡)で撮った金属組織表面の画像です。


EDX

不良組織表面の成分分析

下図はEDX(エネルギー分散形X線分析装置)で捉えた金属組織表面の分析値です。


報告書

報告書のサンプル

以上のSEM、EDXの結果から推測される原因が何か、検討の付く範囲でご解答させて頂きます。

弊社にご依頼頂いたお客様ではほとんどの試料で原因が判明し、対策に役立てて頂きました。


不良解析お任せください。

エコ・システムでは、発生してしまった不良品、原因不明な試料の解析をさせて頂いております。

皆様の現場レベルで対策が取れるようにバックアップさせて頂きます。
勿論解析、報告書等は有償ですが、原因不明な不良品をいつまでも発生させる事は、人間で言えば出血が続いている状態です。 いち早く出血を止める事が大切です。
Eco-Systemにお任せください。
-----------------------------------------------------
Eco-Systemの【ONLY ONEの技術】を皆様にお届けいたします。
-----------------------------------------------------

その他関連項目紹介

・ALTEC

・溶湯清浄度判定

・他の方法と比較

・溶湯調査

お問合せ・お見積り依頼

お問合せ・お見積り依頼は、入力フォームからお願いしております。

お見積り依頼お問合せ

TOPへ

アルミの不良でお困りですか? ・溶湯清浄度に困っている。
・介在物の混入を判定したい。

アルミ溶湯の健康診断してみませんか?

工場環境での問題点・悩みはありませんか?

Eco-systemブログ

事業所案内

  • エコ・システム有限会社
  • 〒730-0049
  • 広島県廿日市市大野中央1−8−15
  • TEL :0829-30-3337
  • FAX :0829-30-3338
  • 営業:平日 9:00〜17:00