アルミ溶湯解析・溶湯調査・アルミ組織調査。溶湯の健康診断で溶湯の善・悪を判定します。

溶湯の健康診断。悪い湯は、不良の原因に。|溶湯解析・溶湯調査

エコシステム トップページ溶湯解析・溶湯調査

アルミ溶湯解析・溶湯調査

皆様の声

  • 不良が急に増えたり減ったりする。
  • 成分は一緒なのに、何かが違う。
  • 規格通り、いつも通りなのに問題が出る。
  • 溶湯がドロドロしてる。ネバっこい。
  • 不良の系統が多岐に渡る。
  • どこから手を付けて良いか分からない。
  • 不良の原因が【溶湯】まで辿り着くとそれ以降手段が無い。
    この様なお話を良くお伺い致します。

溶湯調査とは

悪い溶湯が引き起こす不良の代表例


ひけ巣不良(当社研磨写真)
  • 異物・介在物不良
  • ひけ巣不良
  • めくれ、はがれ
  • 湯流れ不良
  • 偏析
  • 微細化不良

悪い溶湯は、上記のような不良を引き起こします。
原因はさまざまありますが、その原因追求にお困りではないですか?

溶湯の健康診断を受けてみてください

エコ・システムでは、現在使用しているアルミ溶湯の良悪を解析させて頂いております。

解析方法は、弊社独自の新特許技術である鋤田法にて調査・判定を行います。
解析結果は早ければ1週間、遅くとも数週間でお伝えすることができます。


@材料を支給して頂いて評価させて頂く方法と、
A現場へ直接ご訪問し評価させて頂く方法がございます。
現場評価の結果に関しては即日お渡し可能ですが報告書は後日となります。

すでに多くの企業様から御依頼を頂き、
現場溶湯、インゴット評価を相当数実施させて頂いております。

溶湯の調査承ります

調査内容

冷却曲線解析

アルミ溶湯清浄度判定装置 ALTECを用い、
冷却曲線からアルミ溶湯の状態を確認します。

>>ALTECとは


組織画像

ご依頼に応じて金属顕微鏡を用いて(有償)

テストピースの切断・研磨後、組織画像を撮影します。

組織画像の中で、問題のある点を重点的に撮影し、

冷却曲線解析と複合判定いたします。

(別途有償にて【組織解析】も承っております。)

※テストピースは、冷却曲線解析を行ったサンプルを使用します。
※組織断面図 ×100


解析

冷却曲線解析、組織画像を元にサンプリング時の溶湯の状態を
判定いたします。

解析にはS・K・Tマトリクス*1 を使用し溶湯状態を判別致します。

※1 S・K・Tマトリクスとは弊社独自の溶湯判定法です。


報告書

上記の調査内容を元に、各お客様によって適した報告書で作成し、

報告を担当者が説明に伺います(例外あり)。

悪い溶湯の場合は、それが原因で起こりうる不良のご報告もいたします。


-----------------------------------------------------
Eco-Systemの【ONLY ONEの技術】で皆様にお届けいたします。
-----------------------------------------------------

その他関連項目紹介

・ALTEC

・溶湯清浄度判定

・他の方法と比較

・SEM・EDAXによる不良解析

調査方法

新特許技術(鋤田解析法)にて調査・判定を行います。

アルミ溶湯清浄度判定装置 ALTECは、
鋤田敏雄氏が発明した新技術(鋤田法)に準じた製品です。

特許第4368933号
 発明の名称:凝固曲線から溶湯の清浄度判定をする方法及びその装置

お問合せ・お見積り依頼

お問合せ・お見積り依頼は、入力フォームからお願いしております。

お見積り依頼お問合せ

TOPへ

アルミの不良でお困りですか? ・溶湯清浄度に困っている。
・介在物の混入を判定したい。

アルミ溶湯の健康診断してみませんか?

工場環境での問題点・悩みはありませんか?

Eco-systemブログ

事業所案内

  • エコ・システム有限会社
  • 〒730-0049
  • 広島県廿日市市大野中央1−8−15
  • TEL :0829-30-3337
  • FAX :0829-30-3338
  • 営業:平日 9:00〜17:00