鋳鉄鋳物成分熱分析器 FeTEC。鋳鉄鋳物の成分を高分解能・高精度判定

鋳鉄鋳物成分熱分析器 FeTEC

エコシステム トップページ 製品紹介>鋳鉄鋳物成分熱分析器 FeTEC

鋳鉄鋳物成分熱分析器 FeTEC

FeTECの特徴

高精度消耗品を使用する事により安定測定が出来る

FeTECの消耗品 ES-CP02は、鋳鉄用CEメーター(C、Si%測定)の消耗品です。

他社からの切り替えに関しては何も必要ありません。そのまま交換して利用して頂けます。

アルミ用消耗品の製造ノウハウから、御客様の御希望を頂き、製造する事になりました。

多くの御客様でもお困りの御様子ですので、是非ご活用頂ければ幸いです。


〜こんな事が発生していませんか?〜

@測定が安定しない。

A添加材を入れたのにきちんと出ない。

B測定が不安定で効率が悪い。

Cメーカーが対応してくれない。

他社様よりこのようなお話を多くお伺い致しております。


そこで、御客様にES-CP02を御利用頂いた所、

これらが解消されたという喜びの声を多く聞かせて頂いております。


弊社のCEメーター消耗品は他社様と比較しても高額です。

1970年代の最も安定していた頃の消耗品を再現する事で、現代に最も最適な精度を御提供させて頂いております。

詳しくはお気軽にお問合せください。

お問合せ

鋳鉄鋳物の成分を熱分析により測定

鋳鉄鋳物に含まれるC%、Si%を分析し、CE値を算出する装置

ES-CP02を使用する事で高精度測定を実現します。

タッチパネル採用 作業効率

キーボードがない、だから大画面なのにコンパクト!!

100ms、0.1°F 高分解能・高精度判定 

業界最高水準の高分解能サンプリング

USBインターフェースの実装

データ管理が容易!だからデータ消失の危険性なし!

測定時の画像・数値データを保存してあるので、外部メディアにてデータの取出しが可能。

 

 

FeTECの表示画面サンプル

測定画面

文字を極限まで大きくし、現場環境で見やすい表示に。

メンテナンス画面

検量線の設定や補正値、 設定項目を分かり易く表示。

材質選択画面

目標材質は最大20本まで可能だから、多品種の製造にも最適!

履歴読込画面

視覚的に分かりやすい表現なので、いつでもに簡単に呼び出し可能。

FeTECの仕様・外観

基本仕様

CEメータ機能 CE、C%、Si%、FCの測定
(CE値の算出方法は初晶、C%+1/3Si%の選択可能)

温度表示切替可能(℃/°F)
過不足計算機能 C、Si、SS
溶湯重量 0〜9999kg
データ保存機能 測定データと温度曲線グラフの画像データを保存(外部メディアへ転送機能付)
記録保持期間

最大1年までの測定データを保持

入力電源 使用環境に応じ100〜240V、185〜580Vを選択可能

外観・仕様

ALTEC本体

 ●装置仕様(FeTEC-touch)

  • 外形寸法:H321.0mm×W306.5mm×D100mm (ゴム足、突起部除く)
  • OS:Windows XP Embedded (弊社専用仕様)
  • 画面:TFT12タッチパネルモニター
  • 温度変換機:JIS−K
  • 測定範囲:(0〜1370℃)
  • インターフェース:タッチパネル
  • カップスタンド:一式
  • 重量:8kg(本体のみ)

解析に必要な消耗品

 ●消耗品(ES-CP02)

  • 外形寸法:W41φmm×H62mm
  • 最大注湯量:270g
  • 重量:80g

●温度センサー表示画面

●USBスロット

資料のダウンロード・お問合せ

資料のダウンロード

PDFファイルFeTECパンフレット(645KB)

ご覧になるには、AdobeReader5.0以降が必要となります。
開けない場合はこちらからダウンロードしてください。
AdobeReader

お問合せ

鋳鉄鋳物成分熱分析器 FeTECのお問合せは、入力フォームからお願いしております。

こちらからお進みください。

お問合せ

TOPへ

アルミの不良でお困りですか? ・溶湯清浄度に困っている。
・介在物の混入を判定したい。

アルミ溶湯の健康診断してみませんか?

工場環境での問題点・悩みはありませんか?

Eco-systemブログ

事業所案内

  • エコ・システム有限会社
  • 〒730-0049
  • 広島県廿日市市大野中央1−8−15
  • TEL :0829-30-3337
  • FAX :0829-30-3338
  • 営業:平日 9:00〜17:00